住宅ローンの種類|不動産を売買したい方は押さえておくべき基礎知識
住宅模型

不動産を売買したい方は押さえておくべき基礎知識

住宅ローンの種類

女の人

焼山で不動産を購入し住宅ローンを組んだ際には、返済が長期に渡ります。不動産は高い買い物であるため、その期間が長期に渡るのは当然であると言えるでしょう。そんな住宅ローンですが、安易に選ぶとより高い金額を支払ってしまうことになります。焼山において組まれる住宅ローンの様々なタイプを確認しましょう。
焼山で不動産を購入する際に組む住宅ローンには三つのタイプがあります。まず取り上げるのは「完全固定金利型」と呼ばれるタイプの住宅ローンです。このタイプは、金利が借入期間中固定されるというものです。その時期の景気に左右されないため予測が立てやすいというのが特徴です。次に取り上げるのは「変動金利型」と呼ばれるタイプの住宅ローンです。このタイプは半年ごとに金利の見直しが発生します。景気が変動することによって支払額が異なってくるため、状況によってはリスクを背負ってしまう場合があります。
次に取り上げるのは「固定期間選択型」と呼ばれるタイプの住宅ローンです。特定の期間だけ金利が固定されるというタイプの住宅ローンとなっており、期間が過ぎたタイミングで見直しが行なわれます。この住宅ローンの特徴は、返済額上昇幅の上限がないという点です。同様に返済額が上昇するタイプである変動金利型には上昇額の上限が存在しますが、固定期間選択型にはそれが存在しないという特徴があります。場合によっては返済額が大きくなる可能性を秘めています。
大きく分けると上記の三点になりますが、金融機関によっては上記の良い点を組み合わせたタイプの住宅ローンも存在します。焼山で不動産を購入する際にはこれらの特徴とその時の景気によって適切なローンを決定したいところですね。